EarlGray

<< キルト&ステッチショー大阪、始まります! | main | 今年もよろしくお願いします >>
2016年の終わりに


2016年もあと2時間半ほどで終わり。
今年も本当にありがとうございました。


引っ越しを控え、掃除と荷造りに明け暮れた年末。
もともと持ち物は少ないほうだし、必要ないと判断したらあっさり処分できる性格ですが
布は、布だけは・・・本当に気に入って買ったものばかりなので、
整理するのに一番手間取りました。
今回は実家の父との同居引っ越しなので、愛着のあった家具や食器も思い切ってたくさん手放しました。
でも処分したのは結婚のときに買った、いわゆる婚礼ダンスのセットだけ。
食器棚は妹に、食器や小さな家具の大半は友人たちが欲しいと言ってくれて引き取ってくれました。
今回は引っ越しも業者に頼まず、友人たちに甘えてワイワイと進めています。
実家の整理も兼ねて、少しずつ荷物を運んでいるので、
年越しの今夜、我が家はすでにがらん、とした状態(笑)。
居心地よく、愛着が持てる部屋にと少しずつ手を加えてきた場所をゼロにする作業は少し寂しいけれど
また次の場所を居心地よくするべく、工夫するのもまた楽しみです。

   

入院、手術で始まった2016年。まさか1年の終わりに引っ越し準備をしているとは思いもしませんでした!
身体が元気になってきた分、忙しいことも環境が変わることにも前向きに対処できているように思います。
今年は体の回復を優先してゆっくり過ごそうと思っていたけれど
振り返ってみたらイベントで、新しく始めたインスタグラムで、
たくさんの出会いがあり、製作も頑張りました。
本当にありがとうございました。
来年もまた、よろしくお願いします。
皆さま、どうぞ良いお年を。

     ★Instagram

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍・クロスステッチへ
| 雑記 | 21:33 | comments(4) | - | pookmark |
コメント
ayaさん

あけましておめでとうございます
引っ越し、お疲れ様でした。
布処分の痛み、よくわかります(笑
私も父の家に越してきた時に相当思い切った記憶が・・・。
気持ちの整理も一緒に出来て良かったかな、とは思います。
新しい環境でのayaさんの次の作品を楽しみにしてます。
今年もayaさんにとって、実り多い年になりますように♪

| lan | 2017/01/01 4:03 PM |
★lanさん

お返事が遅くなりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。
お互い、楽しく、実り多い一年だといいですね!

引っ越し、数日後になりました。
片づければ片づけるほど、
身辺が散らかっていくようなこの不思議な感覚は
何なんでしょう・・。
この時期に締め切り仕事も引き受けてしまったので
1日フル回転です!
lanさんの新しい刺しゅうの数々を拝見して
私もやりたい・・と気持ちが膨らんでます。
手仕事いっぱいの1年になりますように・・。
| aya | 2017/01/05 10:07 PM |
今年も楽しみにしています。
お父様とのご同居、また新しいページのはじまりですね。前に進まれるお姿が大好きです。
カレンダー大事に飾っています。
昨年母を亡くして淋しくしていますが、私もまた新しい扉を開けれるよう、前向きに頑張って行きます。
刺繍も素敵!始めようかしら。
| 南 | 2017/01/08 1:49 PM |
*南さん

今年もどうぞよろしくお願いします。
お母様のこと、寂しいですね。
うちも三年たちましたが、
同じ季節が来るたび寂しさが募ります。
今日、それから明日、
前を向いて歩いてく一年にしたいです。
刺しゅう、楽しいですよ。
新しいことを始めたくなったらぜひ選択肢の一つに加えてくださいね!
| aya | 2017/01/11 7:17 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

EarlGray
メインHPはこちら
HTMLタグ




RECOMMEND
ステッチイデー VOL.26 (Heart Warminig Life Series)
ステッチイデー VOL.26 (Heart Warminig Life Series) (JUGEMレビュー »)

ルージュのソーイングケースが掲載されています。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode